ゼリータイプのバリフのメリット

バリフはED治療薬のレビトラのジェネリックに当たりますが、他のED治療薬と違うう大きな特徴として、錠剤のみならずゼリータイプの商品も流通している事にあります。

このゼリータイプのバリフには様々な特徴があります。
まず1つには、水を用意せずとも服用可能という点です。
水が要らないという事は、何時でも服用が出来るのでより服用の任意性が高いと言えます。

また、錠剤よりも吸収が早いという側面もあります。
バリフは個人差があるものの概ね服用から60~90分程度で効果のピークを迎えるとされますが、ゼリーの場合は若干早まる傾向が見られます。

これらの特徴は、出先等で普段と状況が異なる場合にも使い易いというメリットに繋がります。
更に吸収の早さから、時間の逆算をそれほど考えなくても良いというメリットも考えられます。
もともとバリフは食事の影響を受け難いタイプのED治療薬でもあり、飲むタイミングを図り易いという面もあってより使い易くなっていると考えられる訳です。

加えてゼリータイプには、味が付いているという点も見逃せません。
錠剤の場合には無味乾燥である事・塊であるが故の異物感を感じるケースがあるといった事から、これを苦手とする人が居ます。
そうした方においても、使い易いものとなっている訳です。

錠剤タイプのバリフの特徴

バリフとは、ED治療薬の一種です。
EDとは勃起不全の事で、性行為の際に充分な勃起状態にならない、もしくは勃起状態を一定の時間維持出来ない事を言います。

バリフはレトビラのジェネリック医薬品で、バルデナフィルを有効成分としています。
バルデナフィルは、陰茎の海綿体平滑筋という筋肉の緊張を緩める作用があります。
この筋肉の緊張が緩む事によって血流が良くなり、ED治療薬としての効果を発揮するのです。

バリフは錠剤タイプの薬です。
1日1回、性行為の1時間程度前に服用をします。
ただ、この薬は効果出るまでにかかる時間が、他の治療薬よりも早いという特徴があります。
そのため、服用のタイミングが多少遅れても、ある程度の効果を期待する事が出来ます。

ちなみに、1回服用したら次の服用までの間に、24時間以上の時間を空ける事が大切です。

バリフはED治療に対して高い効果が期待出来ますが、副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、頭痛やほてり等があります。
ただし、これらの副作用は血流が良くなる事で起きるものなので、時間の経過と共に落ち着いてくる場合がほとんどです。
しかし、症状が長引いたり、服用して違和感を感じた場合には、速やかに医師に相談する事が大切です。