脳血管疾患に対するバリフとシトルリン

バリフは、勃起不全や勃起維持などのED治療薬として販売されています。
バリフには媚薬効果などはありません。
性的興奮を受けた時だけ作用するので、普段の生活に支障をきたすことはありません。
バリフを服用することで、陰茎の血流を促して、海綿体に大量の血液を送り出し、勃起力を高めます。
それにより、長い時間維持することも可能です。
持続時間は、個人差もありますが6~10時間ほどです。
しかし、副作用には注意が必要です。
顔のほてりや血管拡張作用による頭痛、血圧低下など様々です。
その為、脳血管疾患を患っている方は、バリフの使用が認められていません。
服用後に、気分が悪くなったり、副作用の症状があらわれた場合は、直ちに医師に相談しましょう。
バリフ同様に、血行が良くなるシトルリンがあります。
シトルリンは野菜に多く含まれているアミノ酸の一種で、アスリートの方などに多く使われています。
血管の拡張作用があり、血流の改善に効果、疲労回復効果、滋養強壮効果などがあります。
強くしなやかな血管を作る為にも、シトルリンは重要な成分です。
ただ血流の改善に効果があるだけなので、勃起維持などに対してはあまり効果がないと言えます。
また、シトルリンの成分だけでペニスを成長させるのは不可能なことですので、悪質な精力剤に注意しましょう。
基本的に、副作用はありません。
アレルギーの方や過剰摂取を行わなければ、安全な成分です。
しかし、血管を拡張させる作用があり、血圧を低下させてしまう場合があります。
降圧剤を服用している方や、脳血管疾患など血管の病気を患っている場合は、担当医に相談した上で利用した方が良いでしょう。
どちらも、用法、用量を守って使用することが重要です。